FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンパ腫

文太は、T細胞性のリンパ腫でした。

とにかく、出来ることならば少しでも苦しまないでほしい。
先生にも、治療に当たりそれを優先して欲しいとお願いしました。

文太は胸のリンパ種で、
何もしないと すぐに胸に水が溜まってしまう。
それは、すごい勢いで 酷いと1日から2日で500cc以上も溜まり、
息をするのも苦しくなり、寝ることも難しくなります。

そんななか、抗がん剤治療を開始しました。
犬は人と比べて、比較的副作用が出にくいとのこと。
でも、悲しいことに
全ての抗がん剤にではありませんでしたが、副作用が出ました。

水が溜まり苦しい思いをするのと、
抗がん剤で苦しい思いをするのと、
どちらの方が少しでも楽なのか。
どこまで治療をするのが文太のためなのか、本当に悩みました。

抗がん剤治療中は いつも具合が悪いわけではなく、
副作用さえでなければ 元気な頃のように
食欲も旺盛で、散歩も楽しめました。

でも、抗がん剤で癌は抑え込めても、
抗がん剤によって、文太の体力も奪われていくという現実。

11月下旬、狼狽している私に 
先生がインターフェロンを提案してくださいました。
抗がん剤と違い副作用の心配がなく、
免疫をあげて、腫瘍を抑える効果が期待できるということ。

癌を小さくすることまではできなくても、
免疫があがることで抗がん剤での副作用の軽減が望める。
そして 抗がん剤が効けば、
癌を小さくしたまま維持できるかもしれない。

ただし、効くか効かないかは個体差があり、
1か月ぐらい試して、効果が見られない場合はやめることに。

期待を込めて始めたインターフェロン。
でも、その時は抗がん剤の効きが悪くなっており、
また胸水が溜まり始めていたときでした。
それでも、まだこれから効果が出るかもしれない。
縋るような思いでした。

12月7日。
癌は大きくなり、文太を苦しめていました。
リンパ腫と診断された一番最初に、
一回限りのレスキューの抗がん剤があると先生に聞いていました。

一回限りのレスキュー。
今使うしかないという状況になっていて、
これを使う日がこんなに早く来るなんて。
しかも、これがまた文太を苦しめたらと思うと、
心が折れそうでした。

でも、このレスキューは本当によく効きました。
副作用も出ず、下痢、吐き気も止まり、
体力は落ちていたけれど、
元気な頃のように食欲も戻り、散歩も行きました。

まるで癌がなくなったかのような、
2週間と少しではありましたが、
本当に幸せな時間を過ごすことができました。

そして 12月下旬。
再び体調を崩し、癌を封じ込めることはできませんでした。




ぶんちゃん、美味しいものたくさん食べていますか?
寂しい思いしていないかな?
甘えん坊さんで、ママがいなくて大丈夫か心配です。

もしも神様がいるのならば。
どうかどうか、
頑張った文太が心安らかでいられるよう、よろしくお願いします。




スポンサーサイト

その後(長文です)

 

 

今月に入り、

下痢も治まり ほっとした日々を送っていたのに。

 

それもつかの間、

今月の19日、文太の呼吸がおかしいため

再度 病院へ行きました。

 

レントゲン検査、超音波検査をし、

胸に胸水がたまっているのが分かりました。

そのため、肺が圧迫され

呼吸がうまく出来ません。

 

すぐに 胸水を抜く処置を行いました。

こんな小さな体なのに、

左右、それぞれ130~140CCも抜きました。

 

いろいろな病気の可能性を説明され、

さらに血液検査をし、胸水を細胞検査に出してもらいました。

 

一週間弱で細胞検査の結果がでるということで、

一週間分の薬をもらい、結果を待つことになりました。

 

でもわずか二日後の21日の夜、

また 呼吸がおかしい。

翌朝一番で病院に行きました。

 

今度は、片胸だけで 300CCも抜きました。

もう片胸は、心臓が近すぎるということで 50CCだけ抜きました。

 

こんなわずかな日にちで、

前回よりもっと 胸水がたまるなんて。

麻酔も無しで、

直接胸に長い針を刺して 水を抜くんです。

それを、文太はじっと 耐えてるんです。

 

わたしが悲しんでも、何もなりません。

辛いのは 文太です。

とにかく、何かできることを探さなければ。

どうにもならなくても、

少しでも 文太が苦しい思いをしないようにしたい。

 

それでも、

利尿剤を増やし 新たにステロイドを追加し、

検査結果が出るのを待つしかありません。

 

 

そして、25日。

検査結果が出たので病院へ。

 

今回の細胞検査だけでは 確定はできなかったけれど、

ほぼ、リンパ腫との診断でした。

胸のリンパ腫で、そのため胸水がたまるようです。

処置をしなければ 胸水がたまり、

抜かなければ 肺が圧迫され呼吸困難になる。

そして 悲しいことに、

胸水がたまる速度が とても速い。

 

先生からの治療提案は、抗がん剤治療でした。

もう一度 胸水を細胞検査に出し、

さらに 遺伝子検査も行い、診断を確定させる。

そして、文太の症状にあった抗がん剤投与を。

 

リンパ腫の治療は完治目的ではなく、

緩和目的のようです。

できる限り生活の質を維持していくことを 目標とする。

 

緩和できることを祈り、

抗がん剤治療をお願いすることにしました。

 

今月中に 検査結果が出るので、

診断確定次第、抗がん剤治療が始まります。

 

ぶんちゃん、大好き。

 




ぶんちゃん。


 

ぶんた (480x360)

 

前回の更新からなんと、二ヶ月近く経ってしまいました

そして、ちょっとバタバタとした 二ヶ月でした。

 

そんな、バタバタしていた 8月の下旬。

文太がまた 下痢を繰り返し始めました。

 

文太

 

今月に入り、落ち着いてきたと思っていたら。

どうも 呼吸がおかしいんです。

浅く、早い。

 

そして、急にお腹が張り出した。

 

病院で、いろんな検査。

がんばりました。

 

胸に、たくさん水が溜まっていました。

がんばって、抜きました。

 

 

まだ結果はでないけれど。

 

大丈夫。

ぶんちゃん。

 

 



できもの?




先日、病院に行ってきました。

P1050986 (400x300)(1)


右耳が汚れやすくなったのと、 
左胸の近くにポチっと 何かできているのを診てもらうために・・・。


P1050992 (350x263)(1)


うん。大丈夫。
問題なしです。

P1050987 (400x300)(1)


うっ。


先生とのやりとりです。

私:「実は去年気が付いたのですが、
左胸の近くにポチッとできものができて。」

先生:「できもの?」

私:「はい。大きくなるようなら診てもらおうと思っていたのですが、
大きくならないけれど、小さくもならなくて。」

そして、先生は丁寧に診てくださいました。
そして。

先生:「オッ・・・パイ・・・ですね。」

私:「!? オッパイ!?」

という、やりとりでした


えぇっ!?
見分け付かないの!?
と言われそうですが、全然違うんですよっ!(ホントにっ!)

文太は男の子なので、
全体的に パイパイはゴマのような小ささです。

それが去年急に、一番上の左胸だけが女の子みたいに
大きくなったのです。

擦れたりして 何か刺激があったのでしょうと言われ、
そういえば去年、ちょっと太めのハーネスを買ったことを思い出しました。

見てみると、ちょうど左胸の上に当たってました

左右 胸の位置が違ったので、
右は当たらないため 左パイだけ大きくなったようです


家族には爆笑されましたが、
何事もなく 一安心です。

P1050988 (400x300)(1)


ちなみに、姉に「オッパイくん」と言われます。
ヒドイジャナイ~






今日は 埼玉も雪が降りました。

P1060042 (240x180)P1060045 (240x180)
P1060050 (240x180)P1060053 (240x180)


嫌がるかと思ったけれど、文太も元気に歩きました
がんばりました!




おなかイタイ 3



いつまでも お腹の話でスミマセン。。。
記録のためにも 残しておきたいので(汗)。


前回フードを変更して 少し回復傾向だったのですが、
あのあと またピーピーになりました(泣)。

     P1020136(2).jpg



特に夕方から朝にかけて 2・3時間おきにピーピー。
これが二日続き、再び病院です。


食事を以前のものに戻したことや、
毎朝ヨーグルトを少量食べていること等々、
前回と同じく症状を話しました。

そして検便。
「酵母が多くでていますね。乳製品がダメかもしれないので、
これからはヨーグルトやボーロなど 乳製品はやめましょう。」
といわれました。

「酵母?乳製品がおなかで発酵してるようなものですか?」と、わたし。
「うん。そんなようなこと。」と、先生。


ヨーグルトは 何年も毎朝食べていたのだけれど、
積み重なってダメになったのかしら。


少し調べてみると 犬に牛乳がダメと言うのは、
牛乳に含まれる乳糖が原因のようです。
でも、この乳糖を含むものを食べても消化できるワンコは
問題ないようです。
文太は ダメになっちゃったのかな?

残念だけど 乳糖を含むものはやめることにしましょう。

     P1020132(2).jpg
       「まじで!?」

うん。
やめて直るようなら、
ヨーグルトが合わなくなっちゃったんだよ(涙)


この日は注射を一本して、
5日分の薬と、5日分の缶詰フードをもらって帰りました。


           P1020295(1).jpg

この翌日からは、うそのようにいいウ○チになりました!


今はまだ 薬とフードを続けていますが、
やめても よい状態でいることを祈るばかりです。



     P1020134(3).jpg
       「ゲリのはなしばっかりで はずかしいじゃない」

ごめんね(笑)。




にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
    ↑
ポチっとよろしくお願いします。

最新記事

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。